日々と旅行と税理士試験

税理士試験合格を目指すワーママ(予定)最近はnoteを書いてます

お金はいくらあっても足りない

 

 

貯金がしたくて、いろんな本を読んだり、家計簿を付けたりしていたけど。

家計は正直良くも悪くもない。ふつうだ、食費を使いすぎもせず、

ほどほどに旅行に行き、外食をする。

 

個人の貯金。私はいま、それを切り崩しながら買い物をしている。

洋服と化粧品。

クローゼットを開けた時に「着る服がない」と感じたら、すぐ買ってしまう。

コスメカウンターで試してしまったら最後、買ってしまう。

かわいいと思ったサンダルを試着もせずに買った。2万7千円。

クレジットカードの使用明細とネット銀行の残高を見ながら、

ゲームみたいだなと思う。

ただの数字の羅列。カードで払えば何の罪悪感もない。数字が減る。

私のお金は確実に減っている。

さんざん反省した次の日、朝からGUのアプリでカートに商品をいれていく。

 

子供を育てられる気がしない。

子供に、あれが欲しいと言われたとき、私は何と言って断るのだろうか。

お金をたくさん稼げば買えるよとは言えない。そんな大人になってほしくはない。

お金はいくらあっても足りない。

 

足るを知る、が正解なのか?世の中金じゃないのか?自由ってなんだ?

まだ3月も半ばですか?二人で決めたお小遣いの額をとうに超えている。

図書館で本を借りて書籍代を節約するよりその洋服を買うのをやめろ。

10円安いヨーグルトのために特売に行くよりデパートに行くのをやめろ。

似合う服も化粧品も世の中に無数にあるが全てを買うことはできないことを理解しろ。

 

こういうことを書きたかったわけじゃなかった気もする。

ブログで稼いでいる人たちが、年収何千万とか、月商何百万と言っているのを見ると、

たくさん使うからたくさん入ってくるのだろうか、と思う。

たくさん稼いでも自分の暮らしを守っている人は、価値をお金に置いていない感じでうらやましい。松浦弥太郎さんとかかな。

 

最近で唯一いい使い方をしたかなと思えるのは税理士試験の講座代。

3月からまた始めます。(2019目標だけど、1.5年計画です)

勉強に没頭すればお金のことは忘れられるだろうか。まず税法を1つとりたい。

 

 

追記

このことを考え始めたのは、快適な生活さんのブログを読んだからなんだけど、

後半(自由のくだり)がまだよくわからなくて。

いや、今もわかってはないんだけど、

ブログで稼いでいる人たちって、人を雇って雇用を生み出したりしないからお金の亡者みたいに見えるのかなぁ。

私はまだまだお金から離れられていないし、月収何百万は正直羨ましい。

ブログ作ってみたこともある。(こういうのじゃなくアフィサイトみたいなやつ)

でも憧れてるかって言われると憧れてはない…嫉妬してるかもしれないけど…

それって自分だけでお金を独り占め感があるからかなって。

クラウドファンディングやったり誰かのスポンサーになったりしていて、

人のためにお金を使っている気もするんだけど、なんでだろうね?

 

私は、たくましく生きている人たちが好きだ。好きなものを好きだといい、

しっかり考えて自分の意見がある人たちが。