日々と旅行と税理士試験

税理士試験合格を目指すワーママ(予定)最近はnoteを書いてます

ミラコスタFTWで後悔していること

 

①     主賓は真ん中のテーブルで一番新郎新婦に近いところ!と言われてその通りにしたら、写真撮影の度に席を立つはめになっていてまじで申し訳なかった

 

私の会場は縦長の広いところ(パラディーゾかな…?)前から順に3卓、2卓、2卓、2卓。その3卓の真ん中のテーブルに定員MAXの10人を配置した結果大人10人でギリギリだし、キャラクターがきて高砂の前で記念撮影するたびに主賓たちが移動させられているのを見て、「主賓とは…」となりました。

マニュアルで決まっている配置っぽいですが、FTW特有の事情というかどうしても中央での記念撮影があるので、担当さんに「写真撮影の時に移動させられたりしますか?」って聞いてみてください。

私はもう1度結婚式をやるなら真ん中のテーブルは新郎新婦共通の友人にするか、テーブルの人数を減らして新郎新婦側を空けてもらいます。

 

 

 

②     朝食はきちんと食べる

 

FTW関係ない…ようでいて関係あるかな?結婚式の最中は高砂で食事を食べる以外、例えばお色直し退場の時に料理を持ってきてくれたりはしません!(姉がそうだったので何も食べてないと言ったらびっくりしてた)私は唯一ファーストバイトでケーキを食べたのみ。ゆっくりご飯を食べれるかなと余興なしにしたんだけど、みんなが話しかけに来てくれたので時間がありませんでした。

ちなみに11時挙式開始12時披露宴開始~です。朝は前泊だったので時間はあったんだけど、あんまり食べるとインナー締めるから気持ち悪くなるってどこかで読んで軽めにしちゃって、それが逆効果。胃が小さいうちに締めてしまい、親族控室で水を飲んだら胃が大きくなって苦しくなり結局ブライダルインナーはマックスまでゆるめることに。挙式をどうにか切り抜けたものの披露宴入場前も倒れそうになり、ブライダルファッションの大好きな担当さんがたまたまいたのでがっつりゆるめてもらいました…セモア買った意味とは…?笑

 

ちなみにちなみに、お色直しの時とかに飲みたいですって言って渡しておいたウィダーはすっかり忘れられて終了後に戻ってきました。笑

 

 

 

③     プリマドンナは怖くないけど怖いと言われる理由もわかる

 

プリマドンナ、怖い人がいるって噂を聞いていたのでめちゃくちゃびびっていたけどそんなことはなかったです。でも私の担当さんが多分その怖い人。怖いというかびしばし仕事する感じで、いやじゃなかったけど、なんだろう…一生で一度の大事な日を一緒に喜んでくれる、みたいなタイプじゃないというか。笑

私はヘアメイクはイメージ通りやってくれて大満足でしたよ。ただウィダーの件と、ボディメイクしたまま洋服を着ちゃってファンデーションが落ちずに大変だったので帰りに言ってほしかったなと思いました♡

あとブライダルインナーはプリマドンナの人が締めるので、セモアじゃなくてもいいかも。ま、そもそもインナーの意味がないくらい緩めた私が言うのもなんですけどね…

 

 

 

④     パニック障害でも結婚式はできる

 

倒れそうになったのは、たぶんパニック障害もあると思います。予期不安。

このドアを開けたらずっと注目されて逃げられない、と思ったら怖くなった。

でも大丈夫です。いざとなったらドレスも緩めてくれるし、立っているのがしんどかったら挨拶の時座ったままにもしてくれる(司会の方が自然に「座ったままで失礼します~」みたいに言ってくれました)介添えさんはずっと近くにいるし、基本的に新婦は新郎の腕を掴んでいるので立っていられます。

あとFTWでいうとキャラクターが出てきたときは誰かが手を握ってくれているので安心感がありました!ダッフィーがずっと手を握ってくれてたの、もしかしたら裏で「新婦倒れそうって言ってたから気を付けて」とか伝達あったかもだけど、ほんとにうれしかったな。

一番やばいかなと思ったのは最後の両家親と並んであいさつするところ。ここは新郎と離れるので少し遠くを見ながらやりすごしてました(介添えさんに、「新婦さんどっかみてるそろそろやばいと思ってました」って言われた)

あと、私は現在混んでいる電車に乗る機会があんまりないので症状が出ず、病院に通っていないため薬は持っていませんが、通っている方はお薬を飲んでおくのが一番だろうと思います。せっかくの結婚式、気にせず楽しめたほうがいいです!

 

 

 

⑤     ドリンクメニュー表は席次表に印刷すればいい

 

ドリンクメニュー、めんどくさくなって発注しちゃったけど席次表に入れ込むだけでよかったなって思います…オリジナルカクテルも付けてないからかわいいわけでもないし……

 

 

⑥     席次表や受付の装飾にはできるだけ早く取り組む

 

とくに席次表は両家の親に見せておくこと!!!私たちは完成品を式の3日前くらいに送ったところ漢字間違いが発覚し、前々日に刷り直し、その後また発覚して前日に刷り直しという地獄を見ました…

受付は事前に買っていたぬいぐるみを並べて何となくいい感じにしてもらい、控室にいたっては何にも置きませんでした!半年前くらいのぼんやり準備してた頃にやっときゃよかった!!!

 

 

⑦     ミラコスタの部屋は可能な限りおさえる

 

親戚が急に泊まりたいと言ってくる可能性が大です。とにかくおさえましょう。契約の時に担当してくれた人にもっと言えばよかった。その後ずーーーっと部屋を探すことになりました。(毎日キャンセル拾い)担当さんによって対応がいろいろかもしれませんので、絶対におさえたい部屋の種類と部屋数はメモしていきゴリゴリ強めに伝えてください!後でキャンセルするのは簡単ですが取るのはまじできついです。私たちはミラコスタに泊まるのも初だったので予約戦争のことも知らずつらかった…

 

 

もっとある気がするけどまた思い出したら追記しますね。当日はあっという間すぎて感情がなかったけど、あとで写真を見るとキャラクターと一緒に写っているだけで幸せな気持ちになれますよ。